© 2019 AGO-RA IT CONSULTING

  • Facebook - Белый круг
  • LinkedIn - Белый круг
  • Twitter - Белый круг
  • YouTube - Белый круг
  • Ago-ra IT Consulting

ウクライナが江戸時代に・・?コロナウイルスの影響で国境封鎖、鎖国開始。2020年3月15日現在最新レポート。




世界中を席巻しているコロナウイルスですが、ここ数日で状況が目まぐるしく変わっています。特にEUでは国家非常事態宣言、薬局と日用品・食料を売るスーパー以外の商業施設、レストラン、美術館や劇場などの公共施設を全て閉鎖する国が激増しています。


ここウクライナでもなんと3月13日(金曜日)に、3月16日午前0時より4月3日(延長あるかも)までの間、永住資格・一時滞在資格保持者(筆者はこれにあたります)、外交官や国際機関の職員を除くすべての外国人の入国を禁止するとの緊急措置がゼレンスキー大統領より発令されました。おそらくウクライナの歴史始まって以来の前代未聞の事態なことは間違いないはずです。これを受け、筆者の周りの日本人も続々日本へ帰国する人が出てきています。その中にはウクライナ在住歴が長く、あの2004年のオレンジ革命、2014年のユーロマイダン革命でもこちらに踏みとどまった勇者まで日本への帰国を決めています。


上記にとどまらずなんと3月17日午前0時より4月3日(延長あるかも)までの間、ウクライナ発着の全ての国際定期航空便,国際バス,国際鉄道の運行を停止する発令も出されました。これにより3月17日以降、私たち外国人がウクライナを脱出するすべは「車のみ」となりました。なんと筆者が約2年ほど住んでいた隣国ポーランドでも同様の緊急事態宣言が出され、シェンゲン圏に加盟して以来なかったEUの他の国からの入国審査が復活し、3月15日の午前0時よりポーランドでの永住権、滞在許可証または労働許可証を有する者以外の外国人の入国が禁止されました。よって筆者は隣国のモルドバ、ハンガリー、ルーマニア、スロバキア(今のところ入国可能)に車で出国する以外ウクライナに暫く足止め状態になります。今後の展開ですが場合によってはキエフ市封鎖もありうると思っています。この記事を書いているたった今ビザの更新のため嫁の実家リヴネ市にいるのですがキエフへ帰るまでに封鎖措置が取られないことを祈ります。





ウクライナのIT企業のほとんどは多少生産性は落ちるかもしれませんが安全のため今リモートワークを実施しており、私が現地代表を務めているIT企業も必要がある時以外はリモートでの勤務を推奨しています。こういう時にネット上で仕事ができるインフラの大切さというのをつくづく実感します。筆者が元外資系証券会社のIT部にいた2011年3月に襲った東日本大震災とそれに続く福島原発の2度にわたる爆発で外国人社員はほぼ全員日本から脱出し(逃げ足が速かったのは仏人でした)、IT部は全員リモートでの勤務になったことを昨日のように思い出します。


前回も書きましたが危機はチャンスと言います。今ロシア、ウクライナでオリガルヒ(新興財閥)とよばれる大金持ちになっている人々はほぼすべて90年代にソ連崩壊のどさくさにまぎれ積極的に逆張り投資した人たちがほとんどを占めています。このような危機は数十年に1回あるかないかの大チャンスだと筆者は捉えます。危機は永遠に続くわけではありません。リーマンショック後に積極的に投資をしていれば・・・と後悔した筆者は今回の危機を未だに楽観的に捉えています。





以上、ウクライナ・キエフからの最新レポートでした!!

Ago-ra IT Consultingへのご連絡は下記まで:

hiroshi.shibata@ago-ra.com

Ago-ra IT Consultingのホームページ

https://www.ago-ra.com/?lang=ja


8 views